カラミざかり 5話 親友。片思い。嫉妬。後悔。

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

 

カラミざかり5話ネタバレ&感想です!

これで前編が終わりみたいですね!

コウセイの気持ちが切なくて・・・

 

 

【今すぐ読みたいアナタは画像をクリック!】

※ブッコミへ移動後試し読みが始まります

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

 

カラミざかり 5話 ネタバレ

 

「お前らもこっちに来いよ!」

無理矢理ベッドへ連れ込まれた

コウセイと里帆。

 

コウセイは近くにいた新山に

手ほどきをシテもらうが、

 

隣では憧れの好きな人「里帆」が

親友のタカシに愛撫されていた。

 

 

「んっ・・・あっ・・・」

喘ぐ声をかすかに漏らす里帆。

 

 

コウセイも新山に

口で奉仕して貰っていた。

 

 

じゅぷっジュプッ

あまりの気持ち良さ。一瞬自分を見失いそうになる。

 

 

しかし、親友の言葉で一気に目が覚めた。

「飯田・・・力抜いて。」

 

 

コウセイの隣では今。まさに。

親友にたった一度しか無い「初めて」

を奪われそうになっているところだった。

 

 

それは・・・だめだろ。

飯田の・・・初めてを・・・

 

 

 

言葉にならない声が

コウセイの中に響き渡る。

 

 

「ん・・・いたっ・・・っッ」

 

 

コウセイは見てしまった。

大好きな人が、自分の一番の友達に

処女を奪われるのを。

 

 

タカシがどんどん動きを速くしていく。

 

 

 

「っはぁ・・・っ・・・

 あっ・・・あぁ・・・ッッ」

 

 

頭の中は真っ白だった。

親友だから。好きな人だから。

 

 

そんな事はどうでも良かったのかもしれない。

 

 

親友が果てる。

好きな人も果てる。

 

 

帰り道。コウセイの心には

大きな傷がついてしまっていた。

 

 

【BookLiveコミック無料試し読みはコチラ】

※画像をタップで試し読みスタート

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

 

カラミざかり 5話 感想

 

タカシとコウセイ。

新山と里帆。

 

 

んーーなんだか心がちくっとしました。

好きな人と親友ってどちらも捨てられないからこそ

一番いい状態って難しいのかもしれないですね。

 

 

コウセイは多分タカシに

里帆を思っている事を

打ち明けていなかったのではないのでしょうか。

 

 

親友ならそんなコトはするはずがないです。

奥手なコウセイと欲望に素直なタカシ。

 

 

 

二人の差はそこが大きかったです。

コウセイの全てを失ったかのようなまなざしは

 

 

切なさと諦め切れなさ

感情がぐちゃぐちゃになっていることでしょう。

 

 

心に突き刺さりまくる内容ですが

この感じ私も経験があります。

 

 

親友と好きな人がくっついたこと。

私は親友に冗談だったのか、本音だったのか

「○○をうばったらどうする?」

 

といったことがあります。

そのとき親友はどんな感情だったのでしょうか。

 

 

親友は数日後その女の子と別れました。

私のせいかもしれない。

そんな後悔が残っています。

 

 

それからもずっと仲の良い親友です。

彼女よりも自分を選んでくれたのかもしれない。

彼を裏切るようなことはもうしないと誓いました。

 

 

とまぁ私はこのお話はめちゃめちゃ

泣きそうになるくらいに心に響きました。

 

 

是非、切なさを共有しましょう笑

 

 

【試し読みは画像をクリック!】

※BookLiveコミック試し読みが始まります

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用